Past Exhibition

- The 版画 in Japan -

会期:2019.1.22 Tue - 2.3 Sun
時間:火〜土 11:00-18:30/日・祝 11:00-18:00)
2月3日(日) は16:00 終了です。
(最終日は16:00まで・休廊 月曜 1/28)
会場:Galerie Floraison

江戸末期、明治初頭から昭和にかけての時代には日本画の優れた作家達が多い時代でした。

狩野派の様な、将軍お抱え絵師達が幅を利かせていたような背景に成り立っていた時代の流れを汲み、混沌とした急激な時代の変化の中で敏感に表現方法を模索していた時代です。そして日本画に於いては制作する傍ら、優れた版元に出会う中、日本画を更に優れた表現の方向に導いた作家達が数多く存在していました。有名無名を問わず、日本には優れた技法を持った絵師達が多数が存在していたのです。

そんな作家達による絵の構成また版元による優れた技法など、素晴らしい版画の数々をご覧下さい。

西村 蔵

オオホネとツムギ

 

手刷り木版

河原崎奨堂

らっぱ水仙

手刷り木版

伊藤仁三郎

春雨の清水

手刷り木版

河原崎奨堂

らっぱ水仙

手刷り木版