Upcoming Exhibition

minor-i EXHIBITION
 「 1億円均一 」

会期:2020.5.19 Tue. - 5.31 Sun.

上記のスケジュールに延期となりました。

時間:火〜土 11:00-18:30/日・祝 11:00-18:00)
5月31日(日)最終日 は16:00 終了です。
(最終日は16:00まで・休廊日5/25)
会場:Galerie Floraison

蕨迫みのり minor-i EXHIBITION 「 一億円均一 」
2020年3月31日(火)~4月12日(日) 開催は
突然ではございますが、コロナウイルスの感染拡大の影響の為、延期となりました。
延期開催日は
2020年5月19日(火)~31日(日)となります。

大変突然の決定ではございますが、ご了承の程よろしくお願い致します。
次回の開催個展への皆様のご来廊心よりお待ち申し上げます。

ギャルリーフロレゾン
中央区京橋2-12-9 ACN京橋ビル 101号
TEL 03-6228-6152

「1億円均一」

 

その昔金貨や小判を使っていたことを今では信じられないように当たり前のこととしていつかこの紙幣もなくなる日が来るのだろう。
どんどん低くなる世界との壁が、国境という概念をなくすのはもうすぐそこの話かもしれない。

その変化の途中にいる私たちは今年の初め世界が突然ミシミシと音を立て始めたのをなかば不安になかばのんきに世界中の仲間達と一緒に眺めている。
こんなに世界中が急にワサワサするとは思わなかった。
そのことを今それぞれがそれぞれの立場から、きっと感じているのだろう。
このタイトルを決めた時まだこんなに世の中が大騒ぎになると思っていなかった。けれどよく分からないウィルスのニュースが、世界をグラグラにすることが出来るのなら私たちは

もっと違うものにフォーカスすることも出来るんじゃないだろうか?それでタンザニアで絵を描いてあげた1人の少年の笑顔を思い出し、貨幣の支配するこの世界で貨幣が介在しないところにある「ストーリー」を見つけてみたくなった。
話してみなければ、隣の人のことさえ分からない全ての絵には本当に1億円の値札がついています。
絵を背景にストーリーをシェアしてくれた人には1億円近くのお値引き!
、、というゲームのようにこんな時だから出来る沢山のお話しが出来ればという展示です。
(あと1億円の値札を見たらテンションが上がりそうというのもあります。私は見たい)
でも一人一人が持つストーリーには本当にそれだけの価値が
あると思うから。
帰り道には 心に「1億円」の価値を持って帰れるような
そんな展示になれますように。

 

「100000000yen Store」

Once upon a time, people used to use quite heavy gold coins but today nobody  use it anymore.

The world is changing and we are in the middle of this progress.

And right now we are hearing the cracking sound of the world by annoying Virus from TV.

I would like to say as an lazy fool artist
“Your story can save the world if one news of Virus can shake the would”

I want to make my exhibition as a platform for your story.

Seriously, all art works price is 100000000yen.

But we will discount almost 100000000yen for your story

You deserve it

Share your story and let’s talk.

 

 

minor-i

「#出来ること やれること

やらずには居られないこと」

65 × 72.5

minor-i

「#音楽はいつもたすけてくれた」

65 × 53